トップページ > はじめにお読みください

はじめにお読みください

お墓に対する私たちの想い

イメージ

当店は伊勢崎の地に根をおろして創業120有余年!!!
いつの時代も、御客様の想いを形にし、無機質な石に想いと心を刻みつづけ、御先祖様の御供養のお手伝いをさせていただいて参りました。
お墓は御客様御家族を永遠に結ぶ大切な絆。宗教観が変わりゆく中でも、御先祖を尊ぶ「こころ」はいつまでも変わることはありません。
当店では御客様の想いを形にをモットーに価値ある墓石づくりを目指し、長年培ってきた石を見極める力と熟練の技で、皆様にご満足いただける墓石をご用意いたします。

中村石材店 四代目 中村雲鳳(中村貞三郎)

中村石材店がたくさんのお客さまから選ばれる理由

~ 創業120年 脈々と受け継がれる伝統と技術 ~ 四代目 中村雲鳳が最後まで手がけます! 「群馬の墓石専門店」 中村石材店では・・・

  • 厳選した国産墓石を中心に取り扱っております
  • 安心の地震対策施工
  • 120年の歴史と伝統を引き継いだ四代目中村雲鳳が確かな伝統技術と経験で、安心安全な墓石を建立します。「1級石材施工技能士」である中村雲鳳が最後まで手がけさせていただきます
  • 安心の10年保証
  • 初めて墓石を建立される方、墓石のリフォームを希望される方、移転合祀(ごうはい)されたい方、墓相学まで中村雲鳳がていねいに納得されるまでご説明させていただきます

●大正5年に先々代が彫った獅子を平成23年に四代目中村雲鳳(貞三郎)がリメイクしました。

イメージ


●伊勢崎市指定遺跡 上野国初代伊勢崎藩主 稲垣長茂公(いながき ながしげ)の墓所
24基累代の宝篋印塔型墓搭の保存修繕を手がけました。

イメージ

伊勢崎市の指定文化財のページ


●古い石塔や碑はこわさず、きれいに修繕して保存することを勧めています。「昔のひとの想いが伝わってきますから」

イメージイメージイメージ

~先代、先々代から続く歴史と伝統技術を引き継いだ「四代目 中村雲鳳(うんぽう)」は
石に対して一生懸命、いつだって真撃な「想い」で向き合っています。~

お客さまにお約束すること

よく「あなたの思いに100%お応えします」という宣伝文言を見たり聞いたりしますが、100%満足というのは本当のところはどうなんだろう、と私は疑問に思います。だからこそ、私が一人ひとりの御客様に約束できることは「真心をこめて、最後まで、私が手がけます」とお約束することだと思っています。

私たちが墓石建立において大切にしていること

御客様からのお問合せにはさまざまなケースがございます。まず、どのような理由で建立をお考えになったのかよくお話を伺うようにしています。御客様の「想い」を形にするために、何回でもお会いしてご説明する時間を惜しみません。

私が修行中の頃、よく訪ねた尊敬する職人は「いい字を書けなければ いい字は彫れない だから字を勉強せよ」という言葉を遺してくれました。墓石の「字」一つをとりましても職人の技術力によって毛筆のような柔らかみのある彫りとなったり、強い深い掘り方によって力強く見せたりと全く異なる風情となります。機会彫りが主流の現在でも当店では私が最後まで手がけますのでご安心ください。

大切な御先祖様への想いを形にしていくには、墓石のデザインや石選びから始まり文字を選ぶといった過程があります。墓石建立の一つひとつの過程を大切に、御客様に後悔のない墓石建立をしていただけますようにていねいにご希望を伺い、お応えしていくことを大切にしております。

お墓ができるまで

何が違うの? 石の種類と値段の違い 疑問?を教えます

悩み・不明な点を解決!!お墓アドバイザーがお悩みにおこたえします。お問合せください

  • 品質・保証

  • リフォーム

  • 他社の見積再見積無料!
  • お客様の声
  • はじめにお読みください
  • お墓選びのポイント!
  • お墓のQ&A
  • 石の種類と値段の違い
  • 墓石のデザイン
  • お墓のクリーニング
  • バリアフリー工事
  • 手作業の墓石字彫り
  • リフォーム
  • お墓の管理おまかせパック
  • 品質・保証
  • お悩みお答えします
  • 中村貞三郎のメッセージ動画

対応エリアのご案内

群馬県

  • 伊勢崎市
  • 前橋市
  • 高崎市
  • 太田市
  • 館林市
  • 桐生市
  • みどり市
  • 藤岡市
  • 安中市
  • 玉村町

埼玉県

  • 本庄市
  • 深谷市
  • 熊谷市
  • 児玉郡

お墓づくりのご参考に

墓石の種類・価格・サービス

アドバイス・依頼・お問合せ

中村石材店のご紹介

  • お墓アドバイザーがお悩みにおこたえします
  • Facebook
このページの先頭へ